空調制御システム(Jel-Con)

電気式空調機の運転をコントロールし、使用量を抑制するシステム(間欠運転制御)です。
10%制御なので室内の温度変化がなく、無理のない省エネ省コストが可能です。

特徴

  • 空調機の電流値を計測し、設定電流値が27分間以上継続した場合、強制的に3分間送風状態。(10%制御)

  • 複数台を制御することにより、高圧契約需要家の契約電力値も低減可。

  • 通常のデマンドコントローラは、投資回収期間の関係で20%制御で提案しておりますが、環境悪化がともないます。

  • 10%固定制御は、室内環境変化をなくすと同時にコストを下げる事により、短期間償却を実現可。

仕様

導入までの流れ

  • 01簡易提案
    企業様の業種や事業形態をヒアリング、一年分の電気料金表で削減シュミレーション。
  • 02調査
    企業様の同意を得て、現場調査。
    (空調設備確認、使用時間確認などを行います。停電作業等はいたしません。)
  • 03本提案
    現場調査後、本提案で空調制御の費用対効果などをご提示いたします。
  • 04工事
    工事(各空調へ制御装置を取付け)、電流値を設定後、運転確認
    (一部停電作業が伴います。)
  • 05結果報告
    遠隔監視装置による検証報告など。

省エネ関連製品

TOP